戦争とロボットと自動制御

昨日NHKのクローズアップ現代でロボット兵器の話をやっていました。
アシモフのロボット三原則は必要なんだなぁと思いながら、そもそも戦争が問題なんだろうなぁと思いました。

自動化されたロボットが戦場に投入され、持たざる国は人が戦う。
なんて光景があるかもしれません。
投入した国では、作戦を立てる人が机上でコーヒー飲みながら成果を見ている。
投入された国では一般市民が巻き添えになり、疲弊して行く。

とまぁ、戦争を観点にすると、ターミネーターみたいな世界になっちゃいますが、もっと身近な所だと、テロリストが街中に放り込んで無差別テロなんてのも考えられますね。

自立制御技術は進歩して、車の自動運転や危機回避機能としてすでに販売され始めています。
これに攻撃能力つければ戦闘兵器ですもんね。

技術革新と今後の世の中てのは考えないと行けませんね。

いじょ

BGM:私は想像する song by 昆夏実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください