バカッターと行動と罰則

まぁなんでしょうか、ここしばらくで色々発掘されて、公の場や所謂バックヤードでの不適切な行動がクローズアップされていますね。

いろんな状況があると思うのですが、原因の一つにリテラシー不足があるのでは無いかと思います。

取り敢えずバカな行動をしなければ良いわけですが、そんな聖人君子ばかりじゃありません。
若気の至りというのもあるでしょう。
正直私も若い頃バカなことやったり、お巡りさんに御厄介になったりしましたが、、、

あっ、お巡りさんは車に乗っている時だけですよ。
一応青い切符もらったことがあるという話ですが(苦笑

さて、そんなわけで、私ももし、Twitterとかで公知していたら、今の私はいないんだろうなぁと思うようなこともあります。

でもね、例え若い頃にそういうものがあっても、おそらく公知はしないと思うんですよね。
だって、悪いことしているのは理解していましたもん。
当然隠しますよ。
全力で。

で、思ったんですよ。

Twitterとかfacebookなんかで写真をアップしている人。
実は情報弱者なんではないかと。

インターネット上で公開したら、パスワードやセキュリティ設定したって漏れるかもしれない。
みんなにばれたらまずい、、、と思わずに、ばれないから知り合いに自慢しちゃおみたいな。
その程度の感覚なんではないかと。

やっていることは良いことではありませんが、ごめんなさいで済むレベルのものもあるのではと、、、

ま、会社で採用試験の面接なんかしていると、たくさんの中からそういう事をする人間とりますか?と言われればまず外しちゃうわけですが、、、

でも、やったかどうか知らなければ、面接の中で見えるところからそういうことをしそうかどうか考えるわけですわな。
基本はいいとこ探しなので、ネガティブには考えませんが。

話がそれましたが、そんなわけで、どういうツールを使っているのか分からずに、あるから使っているので、こんなことが起こったのではないかと。
そういう意味で無知は身を滅ぼすということなのかなぁ。
子供にはしっかりとそこらへん叩き込まないといけないですね。

いじょ

BGM: 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 song by ももいろクローバーZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください